Morinoya

Investor Relations

投資家の皆さまへ

これまでの別荘に対する考え方、
「自己使用兼投資」の観点から見直してみませんか −

森のやプロジェクトは、これまでの別荘の考え方を転換し、別荘を単に「所有」することから、「投資」として収益に繋げる機会を提供します。

一般的に、別荘は高価、贅沢、維持管理が煩雑でコストが高いというのがこれまでの考え方です。このため、人生の中で大きなゆとりを持つ夢を最初から諦めている人は少なくありません。また折角別荘を購入しても、次第に利用しなくなり、修繕・維持管理費用だけがかかり続け、たとえ処分したくても売却すらできずに困っている人も多くいます。

森のやプロジェクトは、住宅宿泊事業(民泊)を通じて、自己使用しない期間は一般の方に貸し出すことで収入を得る仕組みです。通常、別荘は一年間に数度程度しか使用しない資産ですので、遊休時は別の方法で有効活用すれば良いのではないかというシンプルな発想です。

森のやプロジェクトを推進する私たちは、住宅宿泊管理業者として、別荘の所有者様(もしくはこれから別荘を取得しようとしている方)の別荘をブランド化し、ユニークな手法によって素敵な空間を創出します。また知識と経験に富んだマーケティング戦略・マネージメント戦略によって、維持管理費用の捻出はもちろんのこと、住宅宿泊事業(民泊)からの収益で、別荘そのものの購入資金の回収を図る事業に取り組んでいます。

チャンスは沢山あります。

日本の素晴らしい地方都市においては、多くの別荘が存在し、それらの殆どは本来の価値が有効活用されていません。中には、管理費さえ支払われていない別荘もあり、地域によっては、いわゆる空き家問題となっているケースが多く見られます。

素敵で良い空間を作り出すために、新たな別荘を建設する必要は全くありません。既存の別荘にも十分なポテンシャルがあり、工夫すれば、味のある素敵な空間に生まれ変わります。そして、何より安価で手に入れることができます。

私たちはポテンシャルのある別荘の購入をサポートし、別荘のマネージメントを請け負い、人々に癒し、心の余裕、新感覚の体験を与える憩いの場とやすらぎ空間を提供します。そして、非日常的で、お洒落な、スペースは人々を魅了し、地方都市における新たな観光需要を見出します。これは、地域経済を活性化させる社会貢献の高い取り組みです。

国籍を問わず、全ての人々のゆとりのある生活のために。森のやプロジェクトは進み続けます。

株式会社ブルーオーガスト
代表取締役社長

フランシスコ・ピメンテル